解体-再構築 III

このプロジェクトはギャラリーの建物の建築家、千葉学氏との話し合いの後、実現される。MA2 ギャラリーの建物の30分の1の縮尺の建築模型の要素が、塔として再構築された。

解体-再構築 II

MA2 ギャラリーの建物が変形し、この「立体作品」がギャラリーの建築の壁と床を支えているかのように、または支えられているかのように、設置されている。

解体-再構築 I

ジャクー中学校の、30分の1の縮尺で用意された模型の部品の要素を使って構成された作品。
解体-再構築」のシリーズは展覧会の空間をつくった建築家達との会話をもとに再構築されている。まず、空間の建築の模型が準備され、解体された。ミニチュアの建築の要素が配置され、新たなオブジェを再建築している。